前へ
次へ

教育をインターナショナルスクールで受ける

今は、教育に関してインターナショナルスクールでも簡単に受けることができるようになっています。これから

more

自宅でも非常に簡単に幼児教育ができる

自宅の中で幼児教育をしたいと考えると、教材を購入しなくてはならないと感じますし、自分にもある程度知識

more

授業に携わることが8割教育実習の時の仕事

学校行事が比較的ない時期に行われるが教育実習であり、1回目は5月から6月中旬で2回目は10月上旬から

more

幼児期から家庭でしっかり教育しよう

子どもの教育を考えているのであれば、幼児期からしっかり対策をすることが大切です。幼児期から対策をしなければならないと聞くと、小さい頃からさまざまな習い事に通わなければならないと考えがちですが、家庭でもお金をかけずにしっかりと教育することができます。どのようなことをすれば、子どもの教育に効果的かというと、絵本の読み聞かせです。絵本を小さい頃から読み聞かせしてもらった子どもは、本が好きになり自分で読めるようになった後も本好きになる可能性が高いからです。また読み聞かせは耳から言葉を入れることになるので、先生の話をよく聞けるようになります。読み聞かせのポイントは、子どもに好きな絵本を選ばせることです。子どもに好きな絵本を選ばせると同じものばかりを選んでしまうというケースもありますが、それで大丈夫です。子どもは繰り返しが好きなので同じ絵本を何度も読んであげましょう。折り紙も家庭で行うのにおすすめです。折り紙はさまざまな形に折らなければならないので、手先を器用にすることができます。さらに図形的センスも養われるので、小学校以降の算数に役に立ちます。数字が得意な子どもになって欲しいのであれば、ボードゲームやトランプなどで遊ぶのがおすすめです。ボードゲームはサイコロを使用するので、数える力を育むことができます。トランプも同様に数える力を育むことができますが、神経衰弱などは暗記力も高めることができるのでおすすめです。このように幼児期の子どもは習い事をしていなくても、家庭でさまざまな力を育むことができます。これらの他にも積み木遊びなども空間能力を育むことができるのでおすすめです。幼稚園の年長になったら10分程度でいいので机に向かう習慣をつけるのがいいでしょう。簡単なドリルなどでいいので毎日机に向かって取り組むことによって、勉強の習慣を身につけることができるからです。勉強する習慣を身につけられれば、自分から進んで勉強できる子どもになります。

物流業界を担う存在へ株式会社SG

Page Top